ブログ名考案中(ぶろぐみは仮名です)

WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を分かりやすく解説!【超初心者向け】

副業やお小遣い稼ぎなど、アフィリエイトを目的としたブログを始めるうえで圧倒的に人気を誇っているのがWordPress(ワードプレス)。

いざWordPressを始めようと思ってても、サーバーやドメインの設定など分からず困っているという人も多いのではないでしょうか?

なやみさんのアイコン画像なやみさん

初心者でもWordPressでブログを始められるように分かりやすく教えて欲しい!

今回はそんな初心者に向けて、WordPressブログの開設方法を記事にしました。

どんなPCが苦手な人でも、1〜2時間程度でWordPressブログを迷うことなく始めることが出来ます。

この記事の特徴

  • シンプルな手順
  • 難しい専門用語は無し
  • 大量の画像で視覚的に分かる

とにかく分かりやすさを重視していますので安心して進めてください。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

僕はWordPressの開設は何度も経験しているよ♪
もし、分からない点があれば問い合わせやTwitterから質問してね!

目次

はじめに:WordPress(ワードプレス)の完成をイメージしよう!

ブログの作成は、よく『家作り』に例えられます。

WordPressの完成イメージ

  1. サーバー=土地』を借りる
  2. ドメイン=住所』を決める
  3. WordPress=家』を建てる
  4. 初期設定=家具』を揃えていく

この工程を順番に設定していけばWordPressブログの完成です。
イメージできましたか?

なやみさんのアイコン画像なやみさん

なるほど!名前だけ聞くと難しいけど、こうやってイメージすると分かりやすいわ!

HISASHIのアイコン画像HISASHI

じゃあ次に作り方の手順を紹介するね!

WordPress(ワードプレス)でブログを始める5つの手順

この記事では、WordPressの作り方を5つの手順に分けて解説しています。

5つの手順

  1. サーバーの契約
  2. ドメインの契約
  3. ドメインとサーバーを紐付ける
  4. WordPress(ワードプレス)をインストールする
  5. WordPress(ワードプレス)の初期設定をする

この手順通りに進めていけばOK。

順調にいけば1時間ほどで完成です。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

まずはサーバーの契約から!
さっそく行ってみよう!

手順1:サーバーの契約

まずはサーバーを借りましょう。

サーバーとは

サーバーとはネット上にある土地の様なもので、データ(画像・テキストなど)を保管する場所です。

サーバーを用意しないことには、何か保存することも組み立てる事もできません。

しかし、自分でサーバーを用意するのは難しいので、レンタルサーバー会社を利用するのが一般的です。

なやみさんのアイコン画像なやみさん

サーバーにも色んな会社があるけど、どこを選べばいいの?

HISASHIのアイコン画像HISASHI

エックスサーバーがおすすめ!
このブログもエックスサーバーを使って運営しているよ!

エックスサーバーをおすすめする3つの理由

エックスサーバーをおすすめする3つの理由はこちら。

エックスサーバーがおすすめな理由

  • 国内シェアNo.1なので困った事があってもすぐに解決策が出てくる
  • 国内最速のサーバーなので表示速度が早い
  • 900円〜と安いのに高機能

他にもたくさんありますが、この3点がおすすめの主な理由です。

圧倒的人気No.1のサーバーなので、困った時でも検索すればすぐに解決策が見つかるのが大きなメリット。

安心・安全・高機能で選ぶなら間違いなく「エックスサーバー」をおすすめします。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

有名ブロガーも使用している信頼のあるサーバーだよ!

【2020/11/5まで】エックスサーバーがドメイン無料キャンペーン実施中!

現在、エックスサーバーでは期間限定で「ドメイン永久無料キャンペーン」を行っています。

ドメインは通常だと年間1000円程度かかりますが、今回のキャンペーンで契約した人はずっと無料。

また、12ヶ月以上の契約で『初回の利用料金が20%オフ』という超お得な期間になっています。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

このキャンペーンはエックスサーバーの料金支払い後に利用できるよ!

サーバー契約手順1:
エックスサーバーに申し込みをする

まずは、XSERVER(エックスサーバー)の公式サイトに進みましょう。

>>エックスサーバーの公式サイトへ行く

公式サイトに行けたら『お申し込みはこちら』をクリックします。

次に『10日間無料お試し 新規お申し込み』をクリックします。

次に契約プランを選択します。

サーバーIDとは

サーバーIDは、サーバーの契約を管理用するIDです。

このIDをブログのURLとして使用することもできますが、基本的には使わないのでそのままで結構です。

自分で決めても構いません。

プランについて

プランの違いはディスクスペース(容量)の違いです。

最安のプランでも十分なので、「X10プラン」を選択しましょう。

また、契約後に変更も可能です。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

クイックスタートは今回無視してOK!

プランを選択出来たら『Xserverアカウントの登録へ進む』をクリックします。

次は、お客様情報を入力します。

必要事項が全て入力出来たら、『次へ進む』ボタンがクリックできるようになります。

次へ進む』ボタンをクリックしてください。

表示されているメールアドレスに6桁の数字が送られてきますので、その数字を『確認コード』に入力します。

入力が出来たら『次へ進む』をクリックします。

入力した内容を確認し、問題が無ければ『この内容で申込みする』をクリックします。

SMS・電話認証へ進む』が表示された場合
なやみさんのアイコン画像なやみさん

「この内容で申込みする」ではなくて「SMS・電話認証へ進む」が表示されたんだけど…

HISASHIのアイコン画像HISASHI

その場合は「SMS・電話認証へ進む」ボタンをクリックして認証に進もう!

  1. 住んでいる国と電話番号を確認する
  2. メッセージか自動音声通話かどちらでも好きな方を選択
  3. 認証コードを取得する』をクリック
HISASHIのアイコン画像HISASHI

メッセージならこんな感じで来るよ

伝えられた5桁のコードを空欄に入力します。

認証して申し込みを完了する』をクリックして、以下の画面が表示されたらSMS・電話認証は完了です。

数分すると

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] (—–.xsrv.jp)

というタイトルのメールが届くので中身を確認してみましょう。

『Xserverアカウント』ログイン情報
  • Xserverアカウント情報
  • メールアドレス
  • Xserverアカウントパスワード
  • ログインURL
HISASHIのアイコン画像HISASHI

このIDとパスワードは後で使うから大事に控えておこう!

サーバー契約手順2:
料金を払う

申し込みが終わった時点ではまだ仮契約なので、今度は料金の支払いをして本契約をしましょう。

注意

意外とサーバーの支払いを忘れる人が多いので、早めに支払っておくことをおすすめします。

後回しにして無料期間である10日間が過ぎてしまうと、苦労して行った設定が全てやり直しになってしまいます。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

無料期間中に支払いをしても、無料期間を終えてからの支払いになるから安心してね!

なやみさんのアイコン画像なやみさん

それなら良かった!早めに支払いしておいても損は無いってことね!

まず、『Xserverアカウント(旧インフォパネル)』にログインします。

  • 「XserverアカウントID」または「メールアドレス」
  • 「Xserverアカウントパスワード」

を入力し、『ログイン』をクリックします。

Xserverアカウントパスワードの確認方法

Xserverアカウントパスワードは、サーバーアカウント設定完了のお知らせ【2】管理ツールのログイン情報に記載されています。

ログインが出来たら画面左の「料金のお支払い/請求書発行」をクリックします。

画面が変わったら少し下にスクロールして「お支払いの伝票の発行」の部分を入力します。

  1. チェックを入れる
  2. サーバーを借りる「更新期間」を選択(期間が長いほどお得)
  3. 「お支払い方法を選択する」をクリック
HISASHIのアイコン画像HISASHI

更新期間はお得な12ヶ月がおすすめ!「続けて頑張ろう!」っていうモチベーションにも繋がるよ!

あとは料金を確認してお支払いをすればOKです。

今回はクレジットカードでの決済をしてみましょう。

クレジットカード以外での支払い方法
  • 銀行振込
  • コンビニ払い
  • ペイジー払い

「クレジットカード決済画面へ進む」をクリックします。

カード番号、有効期限、セキュリティコードをそれぞれ入力します。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

「自動更新設定」にチェックを入れると、更新忘れによる契約の停止を防ぐ事が出来るよ!

なやみさんのアイコン画像なやみさん

更新忘れでブログ見られなくなっても困るし、自動更新しておこう…

入力が終わったら「カードでのお支払い(確認)」をクリックします。

内容を確認後「カードでのお支払い(確定)」をクリックしたら、サーバーの本契約は完了です。

無事に決済出来たら登録したメールアドレスに

【Xserver】ご利用料金お支払い確認のお知らせ

というタイトルのメールが届きますので確認しておきましょう。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

これでサーバーの契約は終わったよ!

なやみさんのアイコン画像なやみさん

次は確か…ドメインの契約ね!頑張るわ!

手順2:ドメインの契約

続いてドメインの契約をしましょう。

ドメインとは

ドメインとはインターネット上の住所の様なもので、サイトのURLの事を指します。

また、世界に一つだけのオリジナルドメインのことを「独自ドメイン」と呼びます。

当ブログの場合は「blog-mi.com」が独自ドメイン。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

今から自分だけのドメインを作っていくよ!

エックスサーバーのキャンペーンに当てはまる場合

エックスサーバー契約者は、期間限定の無料ドメインキャンペーンを利用できます。

このキャンペーンを利用したい方は、下のリンクから進めて下さい。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

ドメイン取得後にこの記事に戻ってこれる様にしてあるよ!

ドメイン取得は「お名前.com」がおすすめ

今回は、利用者が最も多い人気の「お名前.com」でドメインの取得方法を解説していきます。

東証一部上場企業であるGMOが運営してますので、安定感と比較的安い料金設定が魅力的です。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

ブログには安定運営が絶対!

ドメイン契約手順1:
ドメインを決める

まず、お名前.comにアクセスします。

>>お名前.comにアクセスする

  1. 空欄に「希望のドメイン名」を入力します。
  2. 右側の『検索』ボタンをクリック

取得したいドメインに『チェック』を入れてください。

ドメインに迷った場合は、定番の「.com」「.net」「.org」の3つがおすすめです。

多くの人が利用しているので、「危険なあやしいサイトではない」とユーザーに安心感を与える事が出来ます。

ドメインによる違い

表示されている金額は1年分で、ドメインによって取得金額は異なります。

「.work」や「.xyz」のようにマイナーな格安ドメインもありますが、更新時の料金が急に高くなることが多いので要注意。

なやみさんのアイコン画像なやみさん

希望のドメインにチェック出来ない場合はどうしたらいいの?

HISASHIのアイコン画像HISASHI

ドメインは早い者勝ち!
その場合は他の人がすでに取得してるって事だよ!

なやみさんのアイコン画像なやみさん

なるほど…!じゃあ別の名前を考えてみる!

ドメインは一度決定すると変更が難しいので、ずっと使っていく気持ちで決めましょう。

ドメイン契約手順2:
ドメインを購入する

取得したいドメインが決まったら『料金確認へ進む』をクリックします。

  1. 自動更新もあるのでとりあえず「1年登録」でOK。
  2. 登録するメールアドレスとパスワードを入力します。
  3. 次へ』をクリック。

続いて会員情報の入力に移ります。

  1. 名前や住所などの個人情報を入力します。
  2. 次へ進む』をクリック。

次はお支払いの選択です。

  1. クレジットカード情報を入力します。
  2. 申込む』をクリック。
クレジットカード以外での支払い方法
  • コンビニ払い
  • 銀行振込

その他の支払い方法はこちら』ボタンから選択できます。

申込む』をクリックした後、ポップアップ画面が出る事があります。

サーバーはエックスサーバーで契約しているので『ドメインのみ申込む』をクリックしましょう。

画面が切り替わったら、表示が100%になるまで待ちます。

「お申し込みを受け付けました。」と表示されたら完了です。

ドメイン契約手順3 :
メール認証する

登録が完了すると10分程度で「お名前.com」から5通メールが届きます。

この中にある【重要】[お名前.com] ドメイン 情報認証のお願いというタイトルのメールを開きます。

メールを開くと認証用のURLがあるのでクリックしてください。

以下の画面になればメール認証完了です。

ドメインの取得は完了です。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

契約は全て終わったよ!
次はドメインとサーバーを紐付ける作業!

手順3:ドメインとサーバーを紐付ける

今の時点でサーバーとドメインの契約が完了しました。

しかし、この2つを紐付けないと別々に存在してるだけで意味がありません。

なやみさんのアイコン画像なやみさん

なるほど、だから紐付けの設定が必要なのね

紐付けに必要な手順は2つだけ。

  1. お名前.comでネームサーバーの設定をする
  2. エックスサーバーでドメインを設定する
HISASHIのアイコン画像HISASHI

設定は複雑そうに見えるけど、やってる事は単純だよ!

①お名前.comでネームサーバーの設定をする

まずは、お名前.comの設定からしていきます。

お名前.comの「お名前.com NAVI ログイン」にアクセスしましょう。

  1. お名前IDとパスワードを入力します。
  2. ログイン』をクリック。
お名前IDの確認方法

お名前IDは契約後に届いた[お名前.com]会員情報変更 完了通知に記載されてあります。

ログイン後に画面が切り替わりますので、左上の『TOP』をクリックします。

以下の画面が出たら『更新画面から移動する』をクリックして下さい。

TOP画面に移動したら「ご利用状況」の下に表示されてある『ドメイン一覧』をクリックします。

先ほど取得したドメインにネームサーバーの設定するので、『初期設定』をクリックします。

ネームサーバーの選択から『その他』のタブをクリックします。

右下の「」ボタンをクリックして「ネームサーバー5」まで表示しましょう。

以下の表示になったら、ネームサーバーの空欄を入力していきます。

入力する内容は以下の通りなので、上から順番にコピペしていきましょう。

ネームサーバー1:ns1.xserver.jp

ネームサーバー2:ns2.xserver.jp

ネームサーバー3:ns3.xserver.jp

ネームサーバー4:ns4.xserver.jp

ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

入力が終わると下の様な画面になると思います。

ネームサーバーについて

ネームサーバーとはドメインとサーバーを結びつけるための仕組みであり、入力することにより指定のサーバーと紐付けることができます。

エックスサーバー指定のネームサーバーは【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせというタイトルのメールに記載されています。

入力が終わったら下の『確認』をクリックしましょう。

再度確認したら『OK』をクリックします。

「完了しました。」と表示されればお名前.comの設定は完了です。

反映に最大72時間かかる場合もあるみたいですが、大体は数時間で反映される事が多いと思います。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

次はサーバー側の設定だよ!

②エックスサーバーでドメインを設定する

次は、エックスサーバーでドメインを設定していきます。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

この作業は簡単なのでサクッとやってしまおう!

まず、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

サーバーIDとサーバーパネルパスワードを入力後、『ログイン』をクリックして下さい。

サーバーIDとパスワードの確認方法

サーバーIDとパスワードは、【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ『サーバーパネル』ログイン情報に記載されています。

サーバーパネルへログイン出来たら、右上の『ドメイン設定』をクリックします。

画面が変わったらドメインの設定をしていきましょう。

  1. 右タブの『ドメイン設定追加』をクリックします。
  2. 空欄に「取得したドメイン」を入力します。
  3. 確認画面へ進む』をクリック。

下の「無料独自SSL」と「Xアクセラレータ」はチェックを入れたままでOKです。

最後に右下の『追加する』をクリックして完了です。

画面が切り替わったら確認してみましょう。

無料独自SSL設定の横が「設定済」となっていれば紐付けの設定は全て終了です。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

これでサーバーとドメインの紐付けは終了だよ!お疲れ様でした!

ドメインが使える様に反映されるまで、数時間〜最大24時間かかります。

なやみさんのアイコン画像なやみさん

無料独自SSL設定の設定に失敗しました」って表示されたんだけど、どうしたらいいかな?

HISASHIのアイコン画像HISASHI

その場合は改めて独自SSLを設定する必要があるよ!
確認も含めて見ていこう!

確認:独自SSLの設定方法

独自SSL設定の設定方法について説明していきます。

独自SSLとは

独自SSLとは、「サイトの安全と信頼性を高くするための設定」で、簡単に言うとセキュリティ対策です。

また、独自SSL設定をすると、サイトのURLが「http://〜」から「https://〜」に変わります。

まず、サーバーパネルに戻ります。

右側の『SSL設定』をクリックします。

ドメイン選択画面が出てきたら『選択する』をクリックします。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

独自SSL設定がされていない場合、ドメインの横が「0個」と表示されるよ!

独自SSL設定追加』タブをクリックします。

そのまま『確認画面へ進む』をクリックします。

追加する』をクリックします。

以下の画面になれば、独自SSLの設定は完了です。

反映には最大1時間かかるので気長に待ちましょう。

なやみさんのアイコン画像なやみさん

意外と簡単だったわ!ありがとう!

HISASHIのアイコン画像HISASHI

次はいよいよWordPressのインストールだよ!

手順4:WordPress(ワードプレス)をインストールする

サーバーとドメインの紐付けも完了したので、いよいよWordPressをインストールします。

引き続きサーバーパネルから、左下の『WordPress簡単インストール』をクリックします。

画面が切り替わったら『WordPressインストール』タブをクリックします。

必要事項を入力していきます。

入力事項

  • サイトURL:そのままでOK
  • ブログ名:好きなブログ名を入力(後から変更可能)
  • ユーザー名:ログインの度に使用するので、覚えやすいものを入力
  • パスワード:ログインの度に使用するので、覚えやすいもの入力
  • メールアドレス:メールアドレスを入力
  • キャッシュ自動削除:「ONにする」を選択
  • データベース:「自動でデータベースを生成する」を選択

入力が終わったら『確認画面へ進む』をクリックします。

内容を確認して『インストール』をクリックします。

無事、WordPressのインストールが完了しました。

インストールが完了すると、ログイン・編集時に必要な情報が表示されるので、必ずメモなどで控えるようにして下さい。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

管理画面URLは頻繁にアクセスするから、ブックマークしておこう!

WordPress(ワードプレス)の管理画面にアクセスしてみる

先ほどの「管理画面URL」にアクセスしてみましょう。

ここから記事の投稿やデザインなどの設定が出来る様になっています。

管理URLの確認方法

ドメインの後に「/wp-admin」をつけると管理画面URLになります。
例:〇〇.com/wp-admin

「ユーザー名またはメールアドレス」と「パスワード」を入力後、『ログイン』をクリックしましょう。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

「ログイン状態を保持する」にチェックを入れておくと、次から入力の手間が省けて便利だよ!

「無効なURLです」と表示された場合

無効なURLです。と表示された場合は、ドメイン設定してから経過時間が短い場合が多いので、1時間ほど経ってから再度アクセスしてみて下さい。

管理画面(ダッシュボード)に切り替わります。

左上のブログ名をクリックすると、自分の公開しているブログページに飛ぶので確認してみましょう。

Hello world」と表示されていたら、WordPressは問題なくインストールされています。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

あとは初期設定をしていこう!

なやみさんのアイコン画像なやみさん

やっとここまで来たのね!頑張ります!

手順5:WordPress(ワードプレス)の初期設定をする

ブログを始める前に、最低限やっておくべき初期設定を紹介します。

初期設定の手順

  1. URLをhttp→httpsに変更する 
  2. 「http」から「https」へのリダイレクト設定
  3. その他のやっておきたい初期設定
なやみさんのアイコン画像なやみさん

なんだか…よく分からないわ?

HISASHIのアイコン画像HISASHI

大丈夫!順番に説明していくね!

初期設定①:URLをhttp→httpsに変更する 

WordPressのインストール直後では、サイトのURLが「http」のままになっているので、正式なURLである「https」に変更します。

なやみさんのアイコン画像なやみさん

確か…SSL設定した際にURLが「https」に変わったんだっけ?

HISASHIのアイコン画像HISASHI

その通り!WordPress側でも「https」に変更をしておかないと、SSL設定した意味が無くなるから必ずしておこう!

独自SSLの設定をしていない人は、独自SSLの設定を終えてから変更する様にして下さい。

管理画面から『設定』にカーソルを合わせて『一般』をクリックします。

「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」両方の「http」に「s」を付け加えて下さい。

どちらも入力したら『変更を保存』をクリックして完了です。

SSL設定は反映されるまで最大1時間程度かかるので、「無効なURLです」と表示されても失敗では無いので安心して下さい。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

サイトURLを変更するとログアウトされるから、再度ログインしてね!

初期設定②:「http」から「https」へのリダイレクト設定

現在の状態だと「http://」と「https://」のURL両方にアクセス出来る状態です。

「http」と「https」は別のサイトとして扱われるため、Googleからコピーサイトと判断されペナルティをもらう可能性があります。

そこで「http」にアクセスされた場合でも、正しいURLである「https」にリダイレクト(転送)する設定をしていきます。

なやみさんのアイコン画像なやみさん

なんだかとても難しそうね…

HISASHIのアイコン画像HISASHI

初心者には少し難しい話だけど、作業自体は単純だよ!
大事な設定だから必ずやっておこう!

まずは、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

.htaccess編集』をクリックします。

ドメイン選択画面が出たら、取得したドメイン横の『選択する』をクリックします。

上の『.htaccess』タブをクリックします。

するとこの様な画面が出るので、「.htaccess」の中をメモ帳などにコピー&ペーストしてバックアップを取っておきましょう。

なやみさんのアイコン画像なやみさん

何でバックアップを取っておくの?

HISASHIのアイコン画像HISASHI

間違えても元に戻せる様にする為にだよ!
と言ってもコードを貼り付けるだけだから簡単だけどね!

なやみさんのアイコン画像なやみさん

なんだか緊張するけど…コピーしておいた方が良いのね!
メモ帳に貼り付け完了!

バックアップが出来たらコードの一番上の部分に、下の文字列を貼り付けます。

貼り付けコード

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] </IfModule>

貼り付けが終わると以下の様になると思います。

画像と同じ様に出来たら『確認画面へ進む』をクリックします。

最後に『実行する』をクリックして完了です。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

これでリダイレクトの設定は終わったよ!

なやみさんのアイコン画像なやみさん

ふう…何とか出来た

初期設定③:その他のやっておきたい初期設定

WordPressで快適なブログを運営していくために、最低限やっておくべき初期設定を別記事にまとめました。

ここからがある意味本番ですが、組み立てるひとつの楽しみでもあります。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

ぜひ参考にしてね!

まとめ:WorPress(ワードプレス)でブログを始めよう!

以上で、WordPress (ワードプレス)ブログの始め方の解説は終わりです。

今回は5つの手順で作り方を解説してきました。

5つの手順

  1. サーバーの契約
  2. ドメインの契約
  3. ドメインとサーバーを紐付ける
  4. WordPress(ワードプレス)をインストールする
  5. WordPress(ワードプレス)の初期設定をする

もし、この記事を見て分からないと思うところがあれば、Twitterやお問い合わせなどからお気軽にご連絡ください。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

WordPressの開設、お疲れ様でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる