ブログ名考案中(ぶろぐみは仮名です)

【ブログ初心者向け】Googleサーチコンソールの設定方法を詳しく解説!

googleサーチコンソールは、ユーザーがどのように検索し、検索結果で何位に表示されているかを把握することが出来る無料ツールです。

また、サイトの状態に問題はないかを確認することも出来るので必ず設定しておきましょう。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

Googleサーチコンソールの通称は「サチコ」!

この記事の内容

  • Googleサーチコンソールで分かること
  • Googleサーチコンソールの設定方法
  • Googleサーチコンソールの主な使い方

非常に簡単に設定出来るので、安心して進めてください。

目次

Googleサーチコンソールで分かること

なやみさんのアイコン画像なやみさん

Googleサーチコンソールで何が出来るの?

Googleサーチコンソールでは、検索後からサイトに訪れるまでのデータ確認や、あなたのサイトの状態を正しくGoogleに伝えることが出来ます。

Googleサーチコンソールで分かること

  • どんなキーワードで検索されたか
  • どのURLからリンクされているか
  • Google検索での掲載順位、表示回数、クリック数
  • 自分のサイトの状態(エラーが無いか)

同じく無料ツールでGoogleアナリティクスというものがありますが、そちらはサイトに訪れた後のユーザーの動きを把握することが出来ます。

「Googleサーチコンソール」はサイトに訪れる前のデータ、「Googleアナリティクス」はサイトに訪れた後のデータというイメージです。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

どちらも使い分けていこう!

Googleサーチコンソールの設定方法

サーチコンソールの設定手順

  1. Googleアナリティクスの設定を終わらせておく
  2. Googleサーチコンソールにログイン
  3. サイトの所有権を確認する(設定する)

①Googleアナリティクスの設定を終わらせておく

Googleサーチコンソールの設定は、あらかじめGoogleアナリティクスの設定を終わらせておくことで楽に済ませることが出来ます。

もしまだGoogleアナリティクスの設定が終わってない人は、先に設定を終わらせておきましょう。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

Googleサーチコンソールと連動して使おう!

②Googleサーチコンソールにログイン

では、Googleサーチコンソールにログインします。

左下の「今すぐ開始」をクリックします。

Googleにログインしていない人は「メールアドレス」と「パスワード」を入力してログインして下さい。

③サイトの所有権を確認する(設定する)

  1. 右の「URL プレフィックス」を選択
  2. 自分のサイトURLを入力
  3. 「続行」をクリック

「所有権を自動確認しました」と出れば設定完了です。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

たったこれだけで完了!

「このプロパティへのアクセス権がありません」と表示された場合

「所有権を証明」をクリックして下さい。

以下のように「所有権を自動確認しました」と出たらOKです。

所有権の確認は、TOP画面から「設定」をクリックすることで見ることが出来ます。

Googleサーチコンソールの主な使い方

Googleサーチコンソールは、簡単にいうとサイトの健康診断のようなものです。

登録したばかりは何もデータがありませんが、データが集まってくると様々な情報を見ることが出来ます。

ここでは、知っておきたい使い方を簡単にまとめました。

Googleサーチコンソールの主な使い方

  1. サイト全体の確認
  2. どんなキーワードで、どのように検索されているかの確認
  3. どのURLからリンクされているかの確認
  4. 【URL検査】記事の更新を伝える
  5. 自分のサイトの状態(エラー)の確認

①サイト全体の確認

Googleサーチコンソールの「検索パフォーマンス」をクリックすることで、サイト全体の確認が出来ます。

検索パフォーマンスの解説

  • 合計クリック数:指定期間中の合計クリック数
  • 合計表示回数:検索画面に表示された合計表示回数
  • 平均CTR:表示された回数に対してクリックされた割合
  • 平均掲載順位:検索画面であなたのサイトが掲載された平均順位
HISASHIのアイコン画像HISASHI

上の「日付」から期間を指定できるよ!

②どんなキーワードで、どのように検索されているかの確認

どんなキーワードで、どのように検索されているかの確認は「検索パフォーマンス」の下をスクロールすることで出来ます。

「検索キーワード」や「ページ」をクリックすることで、表示回数やクリック数などを詳しく見ることが出来ます。

例えば、表示回数に対してクリック数が少ないものは、クリックしたくなるようなタイトルに出来ていないことが分かります。

また、狙った検索キーワードで表示回数が少ない場合は、キーワード選定を改善する必要があることも分かります。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

改善するべき点を見つけていこう!

③どのURLからリンクされているか

内部リンクや外部リンクの確認をするためには、Googleサーチコンソールの画面左メニューから「リンク」をクリックすることで確認出来ます。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

内部リンクは、自分のサイトからリンク
外部リンクは、自分のサイト以外からのリンクだよ!

④【URL検査】記事の更新を伝える

Googleの検索結果は、自動化された「クローラー」が定期的にインターネットを回って検索結果を表示しています。

しかし、クローラーは不定期で回るためなかなか記事の更新を認識してくれない時があります。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

記事を更新したらできるだけ早く検索結果に表示してほしいよね!

そこで記事を更新したことをアピールするために、「インデックス登録」というものを行います。

インデックスとは、検索結果に表示されることの意味です。

Googleサーチコンソール上部に「更新したい記事のURL」を貼り付けてENTERキーを押しましょう。

右下の「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

新しい記事を書いてすぐの場合は、「URLがGoogleに登録されていません」と表示されますが問題ありません。

しばらくするとインデックス登録をリクエスト済みと表示されるので「OK」をクリックします。

下の画像のようになっていればOKです。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

インデックス登録は早くて5分、長くて数日だから気長に待とう!
Googleのご機嫌次第だから気にしないように!

⑤自分のサイトの状態(エラー)の確認

自分のサイトの状態(エラー)の確認は、Googleサーチコンソールの画面左メニュー「カバレッジ」から確認することが出来ます。

エラーがあった場合詳細に表示されるので、内容を確認して改善していきましょう。

エラーが解決した場合、赤いグラフが途中で消えて詳細にも「合格」と表示されます。

Googleサーチコンソールの設定方法まとめ

この記事では、Googleサーチコンソールの設定方法・使い方について解説してきました。

こちらもGoogleアナリティクス同様、初めのうちはデータが溜まってないので数字を見る意味はほとんどありません。

記事を沢山書いていき、PV数を上げながらデータを溜めていきましょう。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

とにかく最初は、どんどん記事を更新していく努力が大事!

なやみさんのアイコン画像なやみさん

がんばるわ!

記事を更新したら、できるだけ早く検索結果に反映されるようにインデックス登録をリクエストしていくことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる