TwitterでWEB制作やWEBデザインについて発信しています。

【SWELL】記事の余白を一括で設定する方法!初心者でも簡単

WordPressのSWELL余白設定ブログアイキャッチ
なやみさん

もう少し全体的に余白が欲しい!
簡単に設定できる方法はないかな?

このような悩みを解決します。

毎回スペーサーを入れたり、ブロック下の余白量をぽちぽちするのって面倒ですよね。

記事全体規模で考えるとかなりの量になってしまい、労力もかかってしまいます。

今回は追加CSSに超簡単なコードをコピペするだけで、記事全体の余白の調整ができるようになりますよ。

コードの知識がない初心者でも出来るので、是非参考にしてみてくださいね。

目次

記事の余白を一括で設定する方法

OLのベクター画像

記事全体の余白を設定する方法は、追加CSSに「簡単なコード」を追加するだけです。

追加するコードはこちら。

コピーしてね!

/* 投稿記事の余白 */
.post_content > * {
margin-bottom:4em;
}

上記のコードを追加CSSに貼り付けると、以下の様になると思います。

WordPressのSWELLの余白設定
追加CSSはどこにある?

追加CSSはWordPressの管理画面から「外観」→「カスタマイズ」をクリック。

一番下辺りに項目があります。

コピペができたら実際に投稿画面を見てみましょう。

余白量が増えているはず。

WordPressのSWELLの余白設定

余白量を変更したい場合は、「4em」から好きな数値に変更してくださいね。

自分好みの余白が見つかったら、「公開」をクリックして完了です。

【2020.9.12追記】テーブルスクロールテキストに関しての追加コード

SWELLのアップデートで、テーブル(表)の上に「スクロールできます」と表示されるようになりました。
※スマホでスクロール可能な場合のみ。

上記のコードのみだと「すべての要素」に反映されるため、テキスト下の余白がにも影響し不自然になってしまいます。

WordPressのSWELLの余白設定
上記コードのみの場合

ここを修正するために、以下のコードも追加しておくことをおすすめします。

追加でコピペ!

/* テーブルスクロールテキスト余白 */
.c-scrollHint {
	margin-bottom:0px;
}

コードを追加すると、以下のように正常に表示されるようになります。

WordPressのSWELLの余白設定
コード追加後

個別に余白を設定する方法

WordPressのSWELLの余白設定

ご存知の方も多いですが、一応。

SWELLはツールバーの中に余白設定を備えているので、簡単に数値を変更することが可能です。

例えば、0にしてみたり。

ここから特大の余白を空けてみたり。

お茶の子さいさい。

幅広く設定できるので、スペーサーブロックはほとんど必要ありません

1箇所だけ余白を調整したい場合でも2クリックで設定可能です。

ブロック間の余白設定まとめ

パソコンとコーヒーのベクター画像

以上、ブロック間の余白設定の方法について解説してきました。

  • 余白を制するものはデザインを制する。
  • デザインは余白が命。
  • けっきょく、よはく。

サイトの見やすさは、余白が大きく関わってきますね。

ぜひ最適な余白を探してみてください。

以上、余白の設定方法でした。

ブログのカスタマイズでお困りではないですか?

cssの設定やWordPressの設定、もっと自由にカスタマイズしたいと思ったらWeb制作のスクールがおすすめです!

おすすめのスクールはSNSで話題のデイトラ

業界最安値でWeb制作のコースを受けられます。(安かったので私は2コース受講しました!)

Web制作以外にも、Webデザイン、動画作成、Webマーケティングなどさまざまなコースがあり、サポートも充実。気になった方は是非アクセスしてみてください!

>>Web制作コースを見てみる
WordPressのSWELL余白設定ブログアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

MENU
TOP
目次
閉じる