ブログ名考案中(ぶろぐみは仮名です)

【WordPress】最低限入れておきたいおすすめプラグインと追加方法!

なやみさんのアイコン画像なやみさん

プラグインって何?
どうやって使うの?

この様な疑問に応えていきますので、是非読み進めてみて下さい。

この記事では、初期設定で必要最低限入れておきたいおすすめプラグインの紹介と追加方法について解説していきます。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

全て無料だよ!

目次

そもそもプラグインって何?

プラグインとは簡単にいうと「拡張機能」のことです。

スマホのアプリの様に、プラグインを導入することでWordPressに様々な機能を追加することが出来ます。

プラグインで出来ること

  • セキュリティを高めたい
  • お問い合わせページを作りたい
  • 画像のデータサイズを小さくしたい

この他にも沢山のプラグインがありますが、入れすぎには注意です。

プラグインを入れすぎるとサイトが重くなったり、干渉し合って何らかの不具合も起こる可能性があるのでほどほどにしましょう。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

目安は10〜15個程度までかな?

プラグインの基本的な追加方法

プラグインの追加方法はとても簡単です。

①管理画面からプラグイン追加画面を表示

WordPressの管理画面から「プラグイン」にカーソルを合わせて「新規追加」をクリックします。

②プラグインを検索してインストール

  1. 右上の空欄にプラグイン名を入力
  2. インストールしたいプラグインの「今すぐインストール」をクリック

これでインストールは完了です。

③インストールしたプラグインを有効化

インストール後、「有効化」をクリックすることでプラグインを適用することが出来ます。

また、管理画面の「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」で様々な設定することが可能です。

プラグインの操作
  • 有効化
  • 無効化
  • 削除
  • 設定
HISASHIのアイコン画像HISASHI

「設定」からプラグインの細かい設定をいじれるよ!

最低限入れておきたいプラグイン

WordPressの初期状態では、機能が豊富とは言えません。

ですので、必要な機能はプラグインで追加していく必要があります。

テーマによっても必要なプラグインは変わってきます。

まずは必要最低限入れておきたいおすすめプラグインを紹介します。

最低限入れておきたいプラグイン

  • Akismet Anti-Spam(アンチスパム)【スパムコメント防止】
  • Google XML Sitemaps【SEO対策】
  • Contact Form 7【お問い合わせフォーム】
  • EWWW Image Optimizer【画像圧縮】
  • WP Multibyte Patch【バグ防止】
  • BackWPup【バックアップ機能】
  • SiteGuard WP Plugin【不正ログイン防止】
  • SEO SIMPLE PACK【テーマSWELLのSEO対策】

Akismet Anti-Spam(アンチスパム)は最初からインストールされており、迷惑コメントを自動的に防止してくれますので有効化しておきましょう。

その他の最初からインストールされているプラグインは不要なので削除しておいてOKです。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

必要に応じてインストール、削除しよう!

Akismet Anti-Spam(アンチスパム)【スパムコメント防止】

これはスパムコメント(迷惑な広告)を防止するプラグインです。

ブログ運営をしていると国内外からスパムコメントが投稿されます。

自動的にスパムコメントを振り分けてくれますので、有効化しておきましょう。

Google XML Sitemaps【SEO対策】

Google XML Sitemapsは、新規記事の投稿やリライト(記事の書き直し)した更新情報をGoogleに正しく伝える役目があります。

Web上を巡回しているGoogleロボットにサイトの状態をお知らせして、検索結果に反映してもらいやすい様にしましょう。

Contact Form 7【お問い合わせフォーム】

ブログにお問い合わせフォームを設置できるプラグインです。

読者やお客様のためにお問い合わせページがないサイトは親切とは言えません。

是非導入しておくことをおすすめします。

EWWW Image Optimizer【画像圧縮】

WordPressにアップロードした画像を、自動で圧縮してくれるプラグインです。

画像が多く使われているとデータ容量が重くなり、ページがなかなか開かず読者が離れていく原因にもなります。

画像データを軽くして、表示速度の早いブログサイトを作るためにも導入しておきましょう。

SWELLのテーマの注意点

当ブログで使用中のテーマSWELLでは、画像のアップロードできないな場合があるため非推奨とされています。

しかし、アップロードされた画像はあとで一括で圧縮できるので、必要な時に有効化することをおすすめします。

WP Multibyte Patch【バグ防止】

WordPressは英語表示を基本に作られていますので、日本語の平仮名や漢字の様なマルチバイト文字を使うと文字化けが起きる可能性があります。

マルチバイト文字とは、1文字を2バイト以上のデータ量で表すもの。

その文字化けなどの不具合を防いでくれるプラグインなので、日本語サイトの場合必ず導入しておきましょう。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

インストールして有効化するだけでOK!

BackWPup【バックアップ機能】

WordPressを管理画面から簡単にバックアップしてくれるプラグインです。

万が一、何かしらのトラブルで記事データが消えてしまっても元に戻せる様に、定期的にバックアップを取っておきましょう。

HISASHIのアイコン画像HISASHI

高機能な有料版もあるけど、無料版で十分だよ!

SiteGuard WP Plugin【不正ログイン防止】

SiteGuard WP Pluginは、WordPressの不正ログインを防ぐためのセキュリティ対策プラグインです。

有効化するとログインURLが変わり「ひらがな」を入力する項目が増えますので、海外からの不正アクセスにとても有効です。

ログインURLや「ひらがな」入力は設定で変更可能。

悪意のある第三者からの攻撃を受けないためにも導入をおすすめします。

SEO SIMPLE PACK【テーマSWELLのSEO対策】

有料テーマ「SWELL」の公式SEO対策プラグインです。

Googleアナリティクスの連動など、SEO対策がシンプルで簡単に行えますので、SWELLを利用している方は導入しておきましょう。

必須ではないけど便利なプラグイン

ここからは必須とは言えないけど、おすすめの定番プラグインを紹介します。

便利なプラグイン

  • Duplicate Post【記事を複製】
  • Broken Link Checker【リンク切れチェック】
  • AdSense Invalid Click Protector【アドセンス狩り対策】

Duplicate Post【記事を複製】

有効化するだけで、投稿画面から記事の複製がワンクリック出来る様になります。

Broken Link Checker【リンク切れチェック】

このプラグインはリンク先が繋がっていない場合などお知らせしてくれる便利なプラグインです。

リンク切れが多いと読者にも不快感を与え、SEO的にも評価が下がってしまいます。

初めのうちはリンクも少ないので発見しやすいですが、リンク先が多くなってくるとチェックが大変になるので導入することをおすすめします。

AdSense Invalid Click Protector【アドセンス狩り対策】

このプラグインは、嫌がらせの一つ「アドセンス狩り」と言われる広告の不正クリックを防止するものです。

何度もアドセンス広告をクリックされまくると不正扱いされ、最悪の場合アカウント停止になってしまいます。

せっかくの収入源が無くなってしまうととても痛いので、アドセンス広告を設置している人は必ず導入しておきましょう。

プラグインの不具合が発生した時の対処法

プラグインの干渉はテーマだけではなくプラグイン同士でも起こります。

もし、サイトが真っ白になったり動作がおかしくなる様であればプラグインを一つずつ「無効化」して、不具合の出たプラグインを調べていきましょう。

原因のプラグインが分かれば別のプラグインに変えるか、削除して対処することをおすすめします。

おすすめのプラグインまとめ

今回の紹介したプラグインをまとめておきます。

最低限入れておきたいプラグイン

  • Akismet Anti-Spam(アンチスパム)【スパムコメント防止】
  • Google XML Sitemaps【SEO対策】
  • Contact Form 7【お問い合わせフォーム】
  • EWWW Image Optimizer【画像圧縮】
  • WP Multibyte Patch【バグ防止】
  • BackWPup【バックアップ機能】
  • SiteGuard WP Plugin【不正ログイン防止】
  • SEO SIMPLE PACK【テーマSWELLのSEO対策】

便利なプラグイン

  • Duplicate Post【記事を複製】
  • Broken Link Checker【リンク切れチェック】
  • AdSense Invalid Click Protector【アドセンス狩り対策】

今回おすすめしたものはどこで検索しても出てくる有名なものばかりなので、分からないことがあってもすぐに対処法が出てきます。

必要に応じてプラグインを導入していきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる