【WordPress】初心者向けにプラグインの作り方を解説

【WordPress】初心者向けにプラグインの作り方を解説

この記事では、初心者向けにWordPressプラグインの作り方を解説していきます。

プラグインの開発はフックや構造の理解を深める良い機会であり、さまざまな便利な機能を実現できます。

プラグインの基本的な構成や簡単な例も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、安全かつ確実にプラグインをテストするために「テスト環境」での使用をおすすめします。

目次

プラグインの作成

今回は例として「My Custom Plugin」という名前のプラグインを作成します。

その①
プラグイン用のフォルダを作る

「My Custom Plugin」という名前に合わせてmy-custom-pluginというフォルダを作成します。

その②
phpファイルを作る

作成したフォルダの中にmy-custom-plugin.phpというphpファイルを作成します。

ファイル名は自由ですが、実際にはプラグインの名前と合わせている例が多い印象でした。

その③
phpファイルにヘッダーコメントを書く

WordPressにプラグインを認識させるためには、メインのPHPファイルに「Plugin Name」を記載したヘッダーコメントを書き込んであげる必要があります。

my-custom-plugin.phpに、以下のコードを記述。

<?php
/**
 * Plugin Name: My Custom Plugin
 * Description: 独自のブロック・機能を追加するプラグインです。
 * Version: 1.0
 * Author: H
 * Author URI: https://example.com
 * License: GPL2
 */

「Plugin Name」さえ記述してあれば認識はされるのですが、今回どのように反映されるかを確認するために説明やバージョン番号などを書いておきました。

実際に運用する場合やWordPressの公式ディレクトリに申請する場合は、もっといろいろと書き込んであげる必要があります。

<?php
/**
 * Plugin Name: プラグインの名前【必須】
 * Plugin URI: プラグインに関するウェブページのURL
 * Description: プラグインの説明(140文字未満)
 * Version: プラグインのバージョン番号
 * Author: 作者の名前
 * Author URI: 作者のウェブサイトやプロフィールページのURL
 * License: ライセンス(例: GPL2)
 * License URI: ライセンスのURL
 * Text Domain: 翻訳ファイルのテキストドメイン(必要な場合)
 * Domain Path: 翻訳ファイルの保存パス(必要な場合)
 */

その④
最低限のセキュリティ対策

セキュリティ対策として、以下のコードをヘッダーコメントのすぐ下に記述しておきます。

if ( ! defined( 'ABSPATH' ) ) exit;

WordPressの中でこの行が使われることで、直接ファイルへのアクセスをブロックしたり、意図しないエラーを回避したりすることができます。

その⑤
WordPressに認識されれば完成

最小構成のプラグインが出来たので、WordPressに認識されるか確認してみましょう。

WordPressにプラグインを読み込ませるには、サーバーの/wp-content/pluginsにアップロードする必要があります。

方法は以下の2通り、どちらかお好きな方で。

  • FTPクライアントを使用して直接アップロード
  • my-custom-pluginフォルダをzipファイルにして管理画面からアップロード

無事に読み込まれていれば、プラグイン一覧に表示されます。

【WordPress】初心者向けにプラグインの作り方を解説

ちゃんとヘッダーコメントの内容も反映されていますね!

もちろん中身は何も書いていないので、有効化しても何も起こりません。

が、自作プラグインの完成です。

処理を書いてみる

あとは好きなコードを書いていって「使えるプラグイン」にしていきます。

例として以下のように処理を加えてみました。

<?php
/**
 * Plugin Name: My Custom Plugin
 * Description: 独自のブロック・機能を追加するプラグインです。
 * Version: 1.0
 * Author: H
 * Author URI: https://example.com
 * License: GPL2
 */

if ( ! defined( 'ABSPATH' ) ) exit;

// 管理画面にアラートを表示する
add_action( 'admin_notices', function () {
    echo '<div class="notice notice-success is-dismissible">';
    echo '<p>自作プラグインの完成!</p>';
    echo '</div>';
});

保存して更新すれば、管理画面上部にアラートが表示されるはずですがどうでしょうか。

【WordPress】初心者向けにプラグインの作り方を解説

…楽しくなってきました。

CSSやJSを読み込んでみる

プラグインからCSSやJavaScriptを読み込むことで、柔軟性が一気に高まります。

各ファイルを作成

my-custom-plugin.phpと同じ階層に、以下の構成でファイルを作成します。

  • css/style.css
  • js/main.js

phpファイルに読み込み処理を記述

functions.phpに記述するのと同じ感覚で、プラグインのディレクトリURLを指定してあげるとCSSやJavaScriptを読み込むことができます。

my-custom-plugin.phpに以下を記述。

/**
 * プラグインのディレクトリURLとパスを定義
 */
define( 'MY_CUSTOM_PLUGIN_URL', plugin_dir_url( __FILE__ ) );
define( 'MY_CUSTOM_PLUGIN_PATH', plugin_dir_path( __FILE__ ) );

/**
 * フロント用の CSS JS 読み込み
 */
function custom_plugin_enqueue_scripts() {

    // CSS
    wp_enqueue_style(
        'my-custom-plugin-style',
        MY_CUSTOM_PLUGIN_URL . 'css/style.css',
        [],
        filemtime( MY_CUSTOM_PLUGIN_PATH . 'css/style.css' )
    );

    // JS
    wp_enqueue_script(
        'my-custom-plugin-script',
        MY_CUSTOM_PLUGIN_URL . 'js/main.js',
        [],
        filemtime( MY_CUSTOM_PLUGIN_PATH . 'js/main.js' ),
        true
    );
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'custom_plugin_enqueue_scripts' );

プラグインのパスやURLの指定方法がよく分からないという方は、以下の記事を参考にしてください。

CSSとJSに記述して読み込み確認

style.cssに以下を記述して、フロントの背景色が変わっていればCSSの読み込み成功です。

/* 背景色 */
body {
  background-color: #f7f7f7!important;
}

main.jsに以下を記述して、フロントでアラートが表示されていればJavaScriptの読み込み成功です。

// アラート表示
document.addEventListener("DOMContentLoaded", function () {
  alert("只今アラートのテスト中です。");
});

まとめ:プラグイン開発は楽しい

実際にやってみると意外と簡単で、つい色んな機能を足したくなってきます。

トライアンドエラーでプラグイン開発を楽しみましょう。

おすすめWEBスクール

WEB制作やWEBデザインを学びたいなら、SNSでも話題の「デイトラ」がおすすめ!
どのコースも10万円前後と業界最安値で、副業や転職に向けて十分なスキルを身につけることができます。

役に立ったら他の方にシェア

お気軽にコメントどうぞ

コメントする

目次